英語学習書 > ライティング

電子書籍

英文校正会社が教える 英語論文のミス100 (電子書籍)

英文校正会社が教える 英語論文のミス100
フォーマット:
電子書籍 単行本
著者 エディテージ
熊沢 美穂子
紙の本の総ページ数 288ページ
在庫 在庫あり

この商品に関するお問い合わせ・感想

【内容紹介】

世界で通用する論文にブラッシュアップ!


どんなに優れた研究内容でも、論文にミスが多ければアクセプトは望めません。本書では、46万稿の校正実績を持つ英文校正会社エディテージが、基本的だけれど日本人研究者がおかしがちなミスを網羅。正しい英語で論文を執筆し、アクセプト率をアップさせたい研究者必携の一冊です。

■100本の英語論文を分析した結果にもとづきミスを紹介
英文校正会社エディテージのもとに集まった100本の論文を分析し、その結果をもとに日本人研究者がおかしやすいミスを厳選掲載しました。とりあげた各ミスには、分析結果にもとづく発生頻度と、校正者の経験にもとづく重要度を3段階で示しており、優先的にとり組むべき項目がわかります。

論文執筆前と執筆後に注意すべきポイントもカバー
倫理問題、出版計画のたて方、ジャーナルの選び方、英文校正・翻訳サービスの効率的な使い方、ジャーナルへの問い合わせ、査読コメントへの対応といった論文執筆前後に注意すべきポイントを、ケーススタディなどをまじえながら、わかりやすく紹介しています。

カバーレターのテンプレートやチェックリストも収録
巻末には、論文投稿時のカバーレターのサンプルや、論文出版までのスケジュール表、投稿前に確認したいポイントをまとめたチェックリストを収録しています。


【もくじ】

Chapter1 論文を書く前に

1 先行研究を徹底的に洗い出す
2 倫理問題をクリアする
3 出版計画をたてる
4 ジャーナルを選ぶ
5 論文出版に関するFAQ

Chapter 2 論文執筆中のミス
1 英語と専門表現のミス
2 論文の構成と体裁に関するミス

Chapter 3 論文を書き終えたら
1 英文校正・翻訳サービスを使う
2 投稿パッケージの準備
3 ジャーナルとのコミュニケーション
4 ORCID やソーシャルメディアで露出度を高める
5 論文投稿とジャーナルとのコミュニケーションに関するFAQ

Appendix チェックリストとテンプレート

  • エディテージ

    カクタス・コミュニケーションズ株式会社の学術コミュニケーション・サービスブランド。5か国に拠点を持ち、論文の英文校正サービスを主軸に、創業以来、全学術分野にわたる18万人以上の研究者の英語論文執筆と投稿をサポートしてきた。世界最大級の英文校正チームを有し、その校正者の多くがジャーナル受理経験のある医師、あるいは博士号取得者。特に日本を中心とするアジア地域の研究者の学術英語について、豊富な知識と経験がある。著書に『英文校正会社が教える 英語論文のミス100』(ジャパンタイムズ)がある。

  • 熊沢 美穂子

    1977年東京都生まれ。東京都立大学人文学部独文学科卒。外資系企業(工業検査機関、学術出版社)での勤務を経て、独立。一般文書、ビジネス、広告・マーケティング、新聞・雑誌記事、歌詞対訳など多分野の翻訳を手掛ける。カクタス・コミュニケーションズが運営するエディテージ・インサイト日本語版の編集者。訳書に『英文校正会社が教える 英語論文のミス100』(ジャパンタイムズ)がある。

ご注文

別フォーマットで購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加