amazon.co.jp で買う
タイトル Sad Stories in Japan
本当にあった悲しい話

著者名 鶴見 健一 著

価格 1,620 円(税込)

ISBN 978-4-7890-1393-2

発行日 2010-06-15

関連商品

坂本龍馬とふたり妻

―日本女性の生と死、そして愛― 英和文集


英語を習うことは、海外の文化を習うことになる。ところが英米などの外国文化に出合う喜びもあれば、「異国」としてなじみにくい・わかりにくい面もある。『本当にあった悲しい話』は、書名のとおり、日本人にとってなじみ深い民話集。著者の鶴見健一氏は、英語を「より楽しく」「より効果的に」学べる教材として、これらの民話の英訳を試みた。
著者は、英字新聞社編集部を定年退職後、大学で英語講師を務めた経験もあり、まさに国際文化交流を生きてきた男。『本当にあった悲しい話』は、その豊かな経験を巧みに生かした教材として、老若男女関係なく、広く歓迎されるに違いない。もちろん、英語圏の読者の間でも、日本文化の入門書として珍重される内容だ。

堀内克明
リセ・ケネディー辞書研究所教授 元明治大学文学部教授



【目次】

はじめに

第一章
まねきネコ
善養寺の幽霊
小野小町と深草少将
若狭と鉄砲伝来
鬼のお面
ジャガタラおはる
お夏清十郎の恋
八百屋お七
野底マーペ
サギソウのさく村

第二章
特別特攻隊の母・鳥濱トメ
あの子ものがたり
ある乙女の生涯―戦禍の
日記より

第三章
樋口一葉の人生
林芙美子と放浪記

Acrobat Readerを入手する Windows Media Playerを入手する

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。
MP3ファイルが開かない場合は、Windows Media Playerを上のアイコンからダウンロードして下さい。