amazon.co.jp で買う
タイトル オーラルヒストリー 日米外交

著者名 大河原 良雄 著

価格 2,376 円(税込)

ISBN 978-4-7890-1216-4

発行日 2005-12-20


外交官として、ほぼ一貫して日米外交に携わってきた著者が、日米開戦・占領期の交渉から、沖縄返還交渉、安全保障関係の強化、貿易摩擦と防衛協力、ロン・ヤス外交までの戦後の日米関係を振り返る。注目は、日米貿易摩擦が深刻化した1980年に著者が駐米大使に就任し、大平、鈴木、中曽根内閣のもと、カーター民主党政権、レーガン共和党政権との対米交渉にあたったくだりなど。
目次
●第1章 日米開戦から占領期の対米折衝へ 1941-1950
●第2章 日米安保体制の成立と国際社会への復帰 1951-1960
●第3章 イコールパートナーシップと沖縄返還交渉 1961-1970
●第4章 ニクソンショックと防衛協力への道筋 1971-1980
●第5章 貿易摩擦の深刻化とロン・ヤス外交 1981-1990

Acrobat Readerを入手する Windows Media Playerを入手する

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。
MP3ファイルが開かない場合は、Windows Media Playerを上のアイコンからダウンロードして下さい。